Parabolic SARとは【使い方と活用方法について解説】

Parabolic SARとは【使い方と活用方法について解説】

Parabolic SARについて

今回は、トレンドの動きを追従して値動きを確かめることのできるテクニカル指標“Palabolic SAR”についてご紹介していきたいと思います。

このテクニカル指標というのは、ローソク足の上下にドットを表示させ、それを基に価格の動き(トレンドの動き)を確認する事ができるという特徴を持っています。

そして更に、この指標は非常にシンプルなため、一目見ただけで価格の動きを確認する事ができるという利点も持っています。

基本的な概要としては以上となりますので、この指標の見方や使い方等順番に紹介していきたいと思います。

見方や使い方について

価格のクロスが転換の合図!?

それではまずこの指標の見方から順番にいきたいと思いますが、この指標の見方というのは非常に簡単なので、そこまで詳しく説明する必要は無いかもしれません。


(Charts provided by Trade Interceptor/Thinkmarkets)

画像を見ていただくと、ローソク足の上と下にドット(ライン)が推移しているのが分かるかと思います。

このドットというのは、ローソク足の上にある時は“下降”、下にある時は“上昇”といった意味を持っています。

冒頭でお伝えした、”一目見るだけで価格の動きを確認する事ができる“というのは、このドットの位置を見ればすぐにどちらの方向へ向かっているのかという事が分かるという事です。

この指標の見方というのは、基本的には上記の事を確認するだけで良いのですが、そのドットを用いた使い方というのは、価格がドットをクロスした時に、価格の反転と考えエントリーを行うというものです。

価格がクロスした時というのは、その時の相場における安値(高値)の部分がドットをクロスした時という事です。


(Charts provided by Trade Interceptor/Thinkmarkets)

これに関しては特に深く説明する必要も無いかと思いますが、このドットというのは、前回トレンドのローソク足の最安値(最高値)を基準に、使っている時間足毎に毎回更新されていくといったものです。

要するに、安値(高値)の更新が止まった時がトレンドの転換点だという様に捉えるという事です。

そしてこれらの事を含めた上で、この指標が示す上昇・下降トレンドの定義に従って取引を行っていくという事です。

もう少し具体的に説明すると、価格がクロスしたタイミングで、その方向へエントリーを行い、次のクロスで手仕舞いを行い、なおかつその方向へエントリーを行うという事です。

使い方に関しても非常に単純な方法ですが、実際に使う場合はしっかりとバックテストを行う必要がありますので、1つ注意が必要です。

それではこれで、この指標に関する基本的な部分というのは全て紹介したかと思いますので、最後にこの指標を他のテクニカル指標と組み合わせて使う場合の例をご紹介して終わりにしたいと思います。

おすすめの組合せ

似た指標を用いて制度を高める!?

それではおすすめの組合せについて紹介していきたいと思います。

今回紹介する組合せというのは、super trendとの組合せです。

このSupertrendというのは、トレンドを視覚的に確認するためのテクニカル指標であり、パラボリックSARと似た指標となっています。

Super trend を使えば容易にトレンドを識別する事が可能!?Super trendとは 今回紹介させていただくトレンド系インジケーター“Super trend”とは、上昇トレンド・下降トレンドを...

これら2つの指標を組合せる利点として、より明確にトレンドの流れを確認する事ができるという事が挙げられます。

それに加え、パラボリックSARは価格がドットをクロスしたタイミングで転換の合図となってしまうため、相場によっては一時的な戻りであっても転換の合図が出てしまう場合があります。

そこでこのSupertrendを組み合わせる事によって、トレンドをもう少し深く追う事ができるという利点もあります。

なぜもう少し深く追う事ができるのかというと、それはSupertrendの転換の合図がパラボリックとは異なるためです。

転換の合図に関しては、上で貼ったリンクから詳しく確認できますので、気になる方はそちらのご確認もお願いします。

それではこれら2つの指標を組合せた使い方というのを説明していきたいと思います。

まず基本的に、2つの指標のシグナルが発生したタイミングでエントリーを行うというものです。


(Charts provided by Trade Interceptor/Thinkmarkets)

パラボリックの方がシグナル発生の合図が少し早いですが、それを踏まえた上で、Supertrendの合図を確認してエントリーを行うというものです。

要するに、2つの指標が、価格がその方向へいく可能性が高いという事を示した時にエントリーを行うという事です。

その他にも、エントリーはパラボリックのシグナルで行い、エグジットはSupertrendを使うといった方法などもあるかと思います。

(ここでご紹介しているのは、あくまでも今後の手法作りに役立てる為の例になりますのでご了承下さい)

2つの指標がシグナルを出したタイミングでエントリーを行い、エグジットに関しては、確実にSupertrendを用いて使った方のがトレンドを深くまで捉える事ができますので、そちらを用います。

そして仮にエントリーがうまく行った後の損切りについては、あらかじめ何pipsと決めておくのも1つの手ですし、直近の相場の高値(安値)に置くのも1つの手です。

もちろん、2つの指標が逆のシグナルを出した時に損切りを行うという方法も使えるかと思いますが、その様な場合ですと、あらかじめ損失額を決めておくという事が難しくなる為、非常に悩ましいところではあります。

どの様な組合せで取引を行ったとしても、損切りというのは徹底して行わなければならないため、しっかりと自分に合った方法を見つける必要があります。

非常に簡単な例ではありましたが、今後の手法作りに活用して頂けたらと思います。