FXにおけるOsMAの使い方とは【Moving Average of Oscillatorを使ってトレンドを確認!】

FXにおけるOsMAの使い方とは【Moving Average of Oscillatorを使ってトレンドを確認!】

OsMAとは

今回紹介させて頂くのは、移動平均オシレーターという、MACDをよりシンプルに見やすくしたテクニカル指標です。

MACDとOsMAを比較した場合、基本的な使い道というのは同じになる為、トレンドの方向を確認してエントリーを行うというものになります。

しかし、一点だけ違うポイントがあり、そのポイントというのは“シグナルが出るスピードが速い”という事です。

MACDの場合は、相場の動きに対して少し遅れてシグナルが発生しますが、OsMAはそれよりも速くシグナルを出してくれます。

そして、速くシグナルを出すテクニカル指標に共通している事として、シグナルスピードが速い分“ダマシ”に合う確率も高くなるという事がいえます。

この様な場合においては、一般的には別のテクニカル指標をフィルターの役割として用いる事で、ダマシのシグナルに引っかかる回数を減らすという事が必要となってきます。

フィルターとして用いるテクニカル指標について気になるところですが、それに関しては後半で紹介させて頂きます。

それでは基本的な概要の説明は以上となりますので、このオシレーターの使い方や見方について順番に説明していきたいと思います。

基本的な見方と使い方について

シンプルにトレンドの確認ができる!?


(Charts provided by Trade Interceptor/Thinkmarkets)

このオシレーターの基本的な見方というのは、ヒストグラムが青色で続いている時は上昇相場、赤色で続いている時は下降相場という判断をするというものです。

この画像ではヒストグラムで表示していますが、もちろんラインに変更する事も出来ますので、自分の見やすい方で設定して頂けたらと思います。

表示させるグラフがヒストグラムであれ通常のラインであれ、基本的には0ラインを上に超えているのか、または下に超えているのかというのが判断基準となっていますので、非常にシンプルで使いやすいという事は言うまでも無いかと思います。

そしてこの様な方法でトレンドを確認する事ができるテクニカル指標というのは他にもあり、フィッシャートランスフォームというオシレーターが同じような使用方法のものになりますので、もしかしたらそちらの方が使いやすいと感じる方も多いかもしれません。

フィシャーのリンク

非常にシンプルな見方で判断を下す事のできる指標なので、見方の説明に関してはこれ以上説明する事は無いかと思います。

基本的な見方が分かったところで、次はこのオシレーターの使い方について見ていきたいと思います。

オシレーターの売買方法と組合せ

このオシレーターの基本的な使い方としては、ヒストグラムが青になれば“買い”でエントリーを行い、赤になれば“売り”でエントリーを行うという方法になります。

そしてこの方法というのも、フィッシャートランスフォームと同じなのですが、それの記事で説明させて頂いた事と同様に、色が変わったタイミングでエントリーを行うという方法には注意点があります。

その注意点というのは、実際に売買を行なっている最中にタイミング良くエントリーする事が難しいという事が挙げられます。

この様な事からも、基本的には他のテクニカル指標と組み合わせて使う事をオススメしています。

他の指標を組合わせる利点としては、まずは冒頭の方でも述べたように、ダマシの回数を減らす為のフィルターとして用いる事ができるという事や、よりエントリーのポイントを明確にするという事が挙げられます。

オススメの組合わせについて

そして今回紹介させて頂く組合せというのは、ADXとの組合せです。

この組合せでの売買方法を紹介する前に、まずはこいのADXについて知る必要があります。

この指標についてまだ何も知らないという方は、下のリンクからADXの記事に飛ぶ事ができますので、はじめにそちらを確認して頂けたらと思います。

Average Directional Index 【ADXの使い方とAPZとの組合せについて】Average Directional Index 簡単にトレンドを判断する事ができる!? 今回紹介させていただくのは、”Avera...

それではADXがどういうものかという事を分かった上で話を進めさせて頂きます。

正直これも非常に簡単な方法なのですが、ADXが“トレンド”だというシグナルを発した場合に、OsMAのシグナルを確認してエントリーを行うという事です。

ADXについては、トレンドだというシグナルを発信するだけで、そのトレンドの方向というのは分からない為、実際にはトレンドラインなどを引いた上で方向を判断する必要がありますので注意が必要です。

そしてこの組合せを利用した場合、OsMAのシグナルが先に出ていたとしても、ADXのシグナルが確認できない限りはエントリーを行いません。

それに加え、トレンドライン等で確認した相場の方向と逆方向へのシグナルでもエントリーしない事が必要です。

要するに、トレンドライン等でトレンドの方向を判断し、ADXを基にトレンドかどうかを判断し、OsMAでその方向へエントリーを行うという事です。

(Charts provided by Trade Interceptor/Thinkmarkets)

そしてうまくエントリーができた場合には、エグジットの際に無理に上記のシグナルに従う必要はなく、トレーリングを行なってトレンドを追従していくのも1つの手かと思います。

トレーリングが何かという事については下のリンクから確認する事ができます。

損失を抑えながら利益を伸ばしていく方法がある事をご存知ですか?今回は、損失を抑えながらも利益を伸ばしていく事ができ、なおかつ利益も確保していける方法”トレーリング”について紹介して行きたいと思います...

そして、もしトレーリングを行うとなった場合の注意点ですが、レンジ相場ではトレーリングを行いにくいという事が挙げられます。

もちろん、レンジ相場であっても狙っていく価格次第では十分に機能するかと思いますが、大まかなトレンドの流れにそってトレーリングを行うという場合は、うまくエントリーができたとしてもエグジットの部分で失敗してしまう可能性があります。

要するに、レンジ相場でトレーリングを行う場合は、細かい値動きに合わせて損切り位置の切り上げ(切り下げ)が必要となります。

これらの事が、私がオススメする組合せのご紹介となります。

そしてこの紹介というのは、あくまでも自分なりの組合せを考える時に参考にするモデルとしてご紹介しておりますので、この紹介通りに取引を行なって利益が出せるというものではないのでご了承下さい。