トレードインターセプターと併用するなら【ここ】が最適!?

トレードインターセプターと併用するなら【ここ】が最適!?

確実にオススメできるFX口座をご紹介!

思い当たる部分がありませんか?

今までにインターネットでFX口座を調べた際、”結局どの口座が良いのだろう”と迷った経験はありませんか?

その中でも、トレードインターセプターと併用するにはどれが最適なのか分からないという方も多いのではないかと思います。

しかしご安心下さい、この記事を読めば”トレードインターセプター”と併用する口座として最も最適なFX口座を知ることができます。

それでは、トレードインターセプターと併用するのに最適なFX口座について紹介していきたいと思います。

まず初めに、色々なサイトのFX口座紹介ページを見ていると、基本的に良い事が多く書かれているサイトというのがが多く見受けられます。

そして、良くない部分をしっかりと書いていないサイトも多いかと思いますが、実際に自分が使うとなったら“良くない部分”というのもしっかりと理解した上で利用したいですよね。

それに加え、どの証券会社にしてもそうですが、全ての証券会社が自分のニーズを満たしてくれるという事は無いかと思いますので、ある程度は妥協する必要があるかと思いますが、妥協するにしても“良くない部分”を知らないと妥協する事すらできません。

そのような事からも、まず初めに”おすすめのFX口座”に関する良くない部分という点からしっかりと順番に紹介していきたいと思います。

良くない部分について

おすすめのFX口座に関してまず初めに挙げられる事として、モバイル用アプリの使いにくさという事が挙げられます。

今はアプリが入っていればどこでも取引を行う事ができる時代ですが、このような時代にアプリが使いにくいというのは結構致命的と思われる方も多いかもしれません。

そしてアプリの使いにくさという点に関して具体的に説明すると、アプリのチャートを利用したテクニカル分析が行いにくいという事です。

補足として、テクニカル分析が使いにくいというのは、トレンドライン等を引いて分析する事ができない為、しっかりとしたテクニカル分析がしにくいという事です。

その他のテクニカル指標については、基本的にどの証券会社であっても表示させるだけなので、使いにくいも何も評価のしようがありませんし、注文の出し方についても、基本的にどの証券会社だとしてもあまり変化は無いかと思います。

それに加え、注文の出し方については正直慣れれば何ともないので、もし仮に”注文を出すのが難しい”、もしくは”ややこしい”などと感じる場合はただ単に慣れていないだけかと思いますので、しっかりと使い方を見れば良いだけです。

しかし、テクニカル分析におけるもっとも基本的であり重要な要素である”トレンドライン””水平線”などが引けないというのは、各証券会社のアプリごとに違いが出る部分になります。

トレンドラインなどは、後々の価格に対して関係してくる程重要なテクニカル指標の一つとなり得ますので、その重要な部分が引けないというのはある意味致命的です。

ダメな部分を打開する方法はあるの!?

アプリのテクニカル分析を使いやすくする方法

“アプリのテクニカル分析を使いやすくする”というと、その証券会社のアプリでそんな方法があるのかと勘違いさせてしまうかもしれませんが、これに関しては、相場分析においてその会社のアプリを使わないという選択をするという事です。

殆ど全ての日本の証券会社に共通する事として、基本的に日本の証券会社のアプリというのは、使う事のできるテクニカル指標の数が少ないですし、チャート画面も正直見にくいです。

それに加えてトレンドラインを引いたりする事も全体的にやりにくいのが現状です。

そして声を大にしてお伝えしたい事が、そもそもアプリでもしっかりとしたテクニカル分析を行いたいのであれば、日本の証券会社のアプリを使わず、トレードインターセプターを使うべきだという事です。

トレードインターセプターというのは、デモ口座だけ開設しておけばアプリでもパソコンでも無料で使うことができ、テクニカル指標の数も100は超えています。

それに加えバックテストも行う事ができる最強のツールといっても過言でないくらい良いものです。

しかし、日本でトレードインターセプターを用いて取引を行う事ができないため、あくまでもチャート分析用のツールとして用いるという事に限ります。

そして、チャート分析ツールに関して言えばトレードインターセプターより使い勝手の良い証券会社は日本にはないと言っても過言ではないです。

要するに、チャート分析をしっかりと行いたいという方であれば、日本の証券会社のアプリを使うよりも、トレードインターセプターを用いた方が、よりしっかりとテクニカル分析ができ、今回紹介させていただくFX口座に関わらず、日本の全ての証券会社に共通する”テクニカル分析がしにくい”という問題点を一瞬で解決することができます。

無料で使える最強ツール”トレードインターセプター”を知っていますか!?トレードインターセプターとは? これがあれば取引が有利になる!? (provided by Trade Interceptor)...

このFX口座を使う最大の利点について

トレードインターセプターと併用するのに最も重要な点!

ここで紹介させて頂くFX口座の利点というのは 、普通に考えてみても十分な利点となり得るのですが、トレードインターセプターを使って取引を行う場合において最も重要な利点となります。

そしてその利点というのを単刀直入に申しますと、通常時の約定力が高いという点です。

“なんだ、約定力か”と思った方もいるかもしれませんが、これは短期売買(主にスキャルピング等)を行う方にとても十分嬉しい要素ですし、別のチャート分析ツールを用いて取引を行うという場合、約定力というのはとても大切な要素となり得るのです。

それはなぜかというと、約定力が高いということは、約定力の無い会社と比べた場合に、自分のエントリーしたい価格でしっかりエントリーする事ができます。

例えば、今自分が使っている取引ツールを想像してみて下さい。

何度か取引を行っているうちに、”自分はこの価格で入りたいのに何でズレるんだ!”という事が何回もあるという方は多いのではないでしょうか。

そんな場面ではストレスの増大にもなりますし、ストレスが溜まれば溜まるほど取引にも影響が出てきます。

そんな時に、一瞬で約定するFX口座があったらどうでしょうか。

ストレスが溜まる事もなくスムーズに取引を行う事ができ、取引の調子も上がってくると思いませんか?

約定力が無く、何度もスリップするような会社の場合、1エントリーごとのスリップの誤差が、最終的な損失を底上げしてしまいます。

そして何よりも、別のツールを確認しつつエントリーを行うという事は、そのツールの分析に沿ってエントリーを行う場合、分析結果に沿ったエントリーの位置でしっかりとエントリーできて初めて分析結果を反映させる事ができたと考える事ができます。

というのは、せっかく相場の分析を行い、しっかりと考えた上でエントリーをしたとしてもエントリーの位置がずれてしまうという事は、その分損切りの位置もそれに合わせてずらす必要があるため、約定力の無い会社だとその分の余裕をみて考える必要性が出てきてしまいます。

そしてFXで利益を上げている人ほど約定力に関してしっかりと気にしているものです。

それに加え、このFX口座であれば、通常時の約定力に関して十分に満足することができるかと思います。

最後に

ここまで読んで頂いた方であれば、紹介したいFX口座が何かという事が気になったのではないかと思いますので、最後にそのFX口座について紹介して終わりにしたいと思います。

その証券会社というのは、DMM FXという証券会社になります。

ここまでで紹介させて頂いた内容というのは、すべてDMM FXの事であり、トレードインターセプターと併用して利用するのに一番オススメのできる口座という事です。

ここで紹介させて頂いた内容というのは、私の主観的な意見も多かったかと思いますが、少しでも納得した部分があった場合、既にあなたが気になったFX口座もDMM FXだという事になります。

気になった口座で、なおかつその口座を開設していないという事は、他のどのFX口座よりも開設する意味のある口座だという事です。

今回紹介させて頂いた事としては、”トレードインターセプターと併用して使う”ということに重点を置いて紹介させて頂きました。

要するに、FX口座というのは注文を出す為だけに利用するという事で、そうなった場合にどの会社の口座一番適切なのかという紹介だったという事です。

FXの口座は無料で開設することができる時点で、開設したとしても損失になる事は一切ないのです。

自分には合わないと思った場合には他の口座を作れば良いだけで、自分が気になった口座を開設しない方のが損失につながるかと思います。

それではリンクを貼っておきますので、トレードインターセプターと併用してみたいと感じた方はすぐにでも口座開設してみてはいかがでしょうか。

FX初心者から上級者、幅広く選ばれているDMMFX