FX取引における失敗とは成功への近道!?

FX取引における失敗とは成功への近道!?

失敗を恐れずに取引を続けよう!

今回はテクニカル指標に関することでなく、トレードを行う上で大切なメンタル面の話をしていきたいと思います。

表題にもあるように、”FX取引における失敗とは成功への近道”というのは、トレードで成功している方であれば当然の事と思われるかもしれませんが、まだ取引を始めたばかりの方であったり、なかなか勝つことができないという方は、この記事を読んでモチベーションにつなげて頂けたらと思います。

それでは本題に入っていきたいと思います。

まず初めにお伝えする事として、どれだけ有名なトレーダーであっても、過去に大きな失敗というのを何回も経験しているものです。

FXを含めその他投資における失敗と聞くと、一見ものすごい金額だと考えがちではありますが、それはその人毎に違う為、大きな失敗=大きな金額とは限りません。

1億円で取引をしている人からすれば、1万円という金額は大したことではないですが、10万円で取引をしている人から見た1万円というのは大きな金額となります。

この様な事からも、失敗=ものすごい金額ではないという事が分かるかと思いますが、失敗というのは、取引を始めたばかりの頃だったり、ある程度取引に慣れてきた時に経験することが多く、その際の自己資金に対しての大きな損失という事です。

しかし、今現在成功しているトレーダーの大半は、その時の失敗にめげる事無く取引を続けた結果多くの金額を稼いでいる訳であり、失敗を恐れずに続けたからこそそのトレーダーにとっての今がある訳です。

これらの事を踏まえた上で、取引を始めた初期段階における失敗とはどのような事があるのか、また取引で成功を勝ち取る為にはどうしたら良いのかという事を順番に説明していきたいと思います。

初期段階でやってしまいがちな失敗

聖杯探し

取引を始めたばかりの段階で絶対に通る道というのがあります。

その道というのは、絶対的な聖杯探しを行ってしますという事です。

聖杯探しというのは、FXの取引で絶対に利益を上げ続ける事のできる手法が存在するという事を信じ、その手法というのを探し続けてしまう事を言います。

ある程度取引に慣れてきた方であれば、聖杯なんて存在しないという事が分かっているかと思いますが、取引を始めた初期の段階においては、絶対に誰もが探してしまうものです。

そして、その聖杯探しに目が眩んだ結果、勝率○○%と謳われた商品を購入してしまったり、一時的な期間に最適化された手法を用いて取引をおこなってしまうという事が多いかと思います。

まずここで大きく強調しておきたいのは、聖杯は存在しないという事です。

本当に聖杯が存在するのであれば、その聖杯を手にしたトレーダーは一国の国家予算並みの資金を得ていても不思議ではないですよね。

そしてそんな話は誰も聞いたことがない訳です。

FXに限らずの話ですが、基本的に投資というのは全取引の半分以上負けるのが当たり前と言っても過言ではない世界です。

その中でどうしたら勝っていく事ができるのかを試行錯誤し、それを楽しんで取引を行うというのが、投資における醍醐味でもあります。

要するに、簡単に勝ち続けていける聖杯は存在しないので、半分以上は負けトレードだったとしても、その中でどの様にして利益をプラスに持っていく事ができるのかという事を考える必要がありますという事です。

もし今現在聖杯探しに夢中になっている方は、聖杯探しを辞め現実的に考えていく事をお勧めしますが、聖杯探した事が悪いという事ではないのでご安心下さい。

それはなぜかというと、聖杯探し(失敗)をしていたとしても、その聖杯探しをした時に考えていた事というのは今後の手法作りに生かすことができるからです。

一般的に多いと思われる聖杯探しとして、色々なテクニカル指標を組合せて、短期間における相場に最適化をしてしまうという事が挙げられます。

その最適化を行う場合に、自分なりにテクニカル指標の組み合わせを色々考えたり、それらを用いたエントリーの方法を考えますよね。

その聖杯探しで考えた事実こそ、今後の自分の手法を作るための始まりの部分であり、その聖杯探しがあったからこそ、より相場について詳しくなるわけです。

大げさに言えば、トレードで成功するための始まりの部分こそ聖杯探しであり、その聖杯探しこそ本当の聖杯になり得るという事です。

自分に合った手法を使わない

次に紹介させていただくのは、こちらも初期段階においてありがちな失敗の一つである”自分に合った手法を使わない”という事です。

自分に合った手法を使わないというのは、実際には中期型のトレードが合っているにも関わらず短期的な取引を行ってしまうことなどが挙げられます。

正直、自分に合った手法というのは、色々と試した結果分かることでもありますので、試している段階であれば問題は無いのですが、一番問題なのは、全く勝つことができない状況においても同じ様な取引を行っているという場合です。

全く勝つことができない場合というのは、ただ単に手法が全く機能していないという場合もありますが、テクニカル分析を用いた取引が得意かもしれないのにそれを試す事無くファンダメンタルズ分析だけを用いて取引を行っている、または中・長期的な取引のが得意かもしれないのに短期的な取引しか行っていない等の事が挙げられます。

これらの事は、取引を始めたばかりの初期段階においてという場合ですので、ある程度取引に慣れてきた場合には当てはまらないのですが、初期段階においては上記の様な失敗をしてしまいがちです。

しかし、上記の様な失敗というのも決して悪いことではなく、色々な方法を試していく事で自分の得意とする分野を特定することができます。

自分の得意な分野を特定することで、特定していない人よりは遙かにトレードで成功する確率というのは高くなります。

今回は簡単に上記2つのポイントを紹介させていただきましたが、最後に取引においての成功を勝ち取る為にはどうしたら良いかという点を紹介して終わりにしたいと思います。

取引で成功するためには

自分で全てを決める事が重要

それでは最後に、取引で成功するために重要な事を軽く説明していきたいと思います。

副題にもあるように、取引で成功するためには”自分で全てを決める事が重要”というのが全てだと思います。

自分で全て決めるというのは、取引の方法から相場の読み方だったり、取引に関わること全てという事です。

世界的に有名なトレーダーは、自分で考え自分で取引を行っているという事実があり、他人に任せて取引を行い莫大な利益を上げている人など存在しません。

そして取引を行うための手法というのは人それぞれ異なり、その人の心理状態にも合っているから機能する訳です。

人の手法を真似したところで、その人と同じ心理状況で取引を行う事はできず、勝っている人と同じ手法を用いたとしても決して勝つことは容易ではありません。

取引で成功する為の近道があるとすれば、それは失敗であり、その失敗を乗り越える為には全ての事を自分で決め、トライ&エラーを繰り返すというのが最も重要な事です。