FXにおけるトレンド継続のサインであるフラッグ・ペナント・ウェッジについて解説!

FXにおけるトレンド継続のサインであるフラッグ・ペナント・ウェッジについて解説!

フラッグ・ペナント・ウェッジとは

今回は、FXにおけるトレンド継続のサインであるフラッグ・ペナント・ウェッジについて説明していきたいと思います。

まず初めに簡単な説明として、この”フラッグ””ペナント””ウェッジ”というのは、チャート上におけるローソク足の動きを元に、トレンドが継続していく可能性があるのか否かというのを見極めるための指標です。

もちろん、相場において絶対はないので、これらのパターンが出現した場合であってもトレンドが継続しないということは十分に考えられるのですが、何のパターンも出現していない状況と比べると、比較的信頼することのできるパターンだということができます。

それに加え、これら3つのパターンというのは比較的多く確認する事のできるパターンでもあり、基本的にはトレンド発生時における一時的な戻り(休止時)を表しているとも言われており、トレンド発生時にこれら3つのパターンが現れた時は強気にでる価値があるものでもあります。

それでは基本的な概要が分かったところで、それら3つのパターンを見ていきましょう。

フラッグ

フラッグというのは、トレンド発生時の一時的な戻りの場面で良く確認されるパターンです。

一時的な戻りの場面で確認されるということからも、基本的にはトレンドと逆方向にローソク足が向かった場合に、ローソク足の高値・安値を基準にトレンドラインを2本引いて判断します。

逆方向にというのは、上昇トレンドの場合には下降気味に、下降トレンドの場合には上昇気味に向かうということです。

トレンドの相場を確認してみると、一時的な戻りのあとブレイクアウトが発生し、さらにトレンドが伸びていくという事が確認できるかと思いますが、その場合のパターンとしてフラッグを確認できる時があります。

そして、フラッグのパターンが確認できた場合に、もし本当にトレンドが継続していくのであれば、しっかりとブレイクアウトが発生するというのも一つの特徴になりますので、フラッグが確認できた場合は様子見をし、その後のブレイクをもってトレンド継続が確認できるということです。

ペナント

ペナントというのは、画像にもあるように”シンメトリカルトライアングル”の形に非常に似ています。

シンメトリカルトライアングルと違う点に関しては、このペナントというのは長期間続くものではなくトレンドの途中で確認されるものというのに対し、シンメトリカルトライアングルというのはチャート全体を見た時のローソク足のパターン=中・長期間で形成されるという点です。

要するにペナントというのは、トレンドの合間に出現する短期的なシンメトリカルトライアングルだという様に考えると分かりやすいかと思います。

そしてこのペナントも、フラッグと同様にトレンド継続のサインと考えられており、このパターンが確認できた場合には比較的信頼することのできるパターンだということです。

それに加えペナントも、基本的にはブレイクアウトをもってトレンド継続だと判断を下す事ができるというものになりますので、このパターンが確認できた場合には、トレンドが継続する可能性が高いと考える事ができ、ブレイクアウトをもって完成されるものになります。

フラッグとペナントは形は違いますが、基本的に考え方としては同じものとなるため、パターン発生後のブレイクアウトをもって完成となり、トレンドの方向に向かってブレイクが発生しなかった場合には、トレンド転換のシグナルとして確認することもできます。

ウェッジ

最後に紹介させていただく”ウェッジ”というのはペナントと同様に、シンメトリカルトライアングルの形に似ています。

先に紹介させていただいた、フラッグ・ペナントのパターンとは違い、このウェッジというのは中・長期的に形成されるものになります。

要するに、先ほどの2つのパターンはトレンドが発生している場合の短期的なパターンとして考えられるトレンド継続のサインだった事に対し、ウェッジというのはもう少し相場全体を見た上で確認する事のできるパターンという事です。

このパターンの内容としては、基本的にはこれまでに紹介させていただいたパターンと同様に、トレンドの方向と逆方向へ向いた傾斜であり、ウェッジが下向きの場合は強気(買い)、上向きの場合は弱気(売り)というように判断されます。

そしてこのウェッジパターンの注意点として、ごくまれにトレンドの終盤で確認する事ができる事があります。

トレンドの終盤で確認する事ができるというのは、上昇トレンドにおいてはトレンド終盤に上向きのウェッジが出現し、下降トレンドにおいてはトレンド終盤に下向きのウェッジが出現するという事です。

通常であれば、上昇トレンドの場合は下向きのウェッジ、下降トレンドであれば上向きのウェッジが確認されるのに対し、トレンド終盤においてはその逆のパターンとなる事があるという事です。

もちろん、トレンド終盤で出現した場合にも考え方は同じなので、上向きであれば弱気、下向きであれば強気という解釈で問題ないです。

要するにトレンド転換の合図として確認できる事もまれにあるという事です。

フラッグ・ペナントのパターンが出やすいポイント

トレンド全体の半分の位置が目安!?

それでは、フラッグとペナントに関する詳しい内容が分かってきたかと思いますので、これら2つのパターン出やすいポイントについて説明していきたいと思います。

これら2つのパターンが出るポイントとして、一般的にはトレンド全体の半分くらいの位置に出現する傾向があると考えられています。

トレンド開始時点の考え方としては、重要なポイント(支持線・抵抗線)がブレイクされたポイントから考え、フラッグ・ペナントの発生したポイントがトレンドの半分の位置という事です。

という事は、トレンドが始まってからフラッグ・ペナントが出現した位置を測り、そこまでの位置分トレンドが継続していく可能性が高いと考える事ができます。

一応、これらのことは一般的に考えられている事であり、絶対にそうなるというものでは無いのですが、利食いを行う際の一つの目安として利用することもできるという事です。

これらのパターンを使った取引について

エントリーも買増しもやりやすい!?

それではこれら3つのパターンについて大分と理解も深まって来たかと思いますので、最後にこれらのパターンを用いた取引方法について触れて終わりにしたいと思います。

初めにも説明させて頂いたと思いますが、これら3つのパターンは基本的にトレンド継続のサインという様に考えられています。

そして、これらのパターンを用いて取引を行うという事は、トレンドに沿ってエントリーを行う順張りで取引を行うという事です。

それに加え、これらのパターンの完成は、ブレイクアウトをもって完成となるため、比較的簡単に取引に利用することができます。

エントリーを行う場合も買増しを行う場合も基本的に同じなのですが、エントリーを行う場合には、これらのパターンが完成したポイントでの参入になり、買増しを行う場合には同じポイントでの買増しとなります。

そしてそのポイントというのは、これらパターンの確認をするために引かれたトレンドラインを目安に、そのポイントのブレイクアウトをもってエントリー・買増しを行うという事です。

もちろんダマシに合う可能性というのもありますので、それに備えて損切りのポイントも設定しておく必要があるのですが、それに関しては二通りあります。

短期的な損切り

まず1つ目のポイントというのは、ブレイクされたトレンドラインの少し内側です。

トレンドラインの少し内側というのは、基本的にブレイクの成功もある程度相場が下がる(上がる)必要がありますので、中・長期的な手法に用いるというよりは短期的な手法向きとなります。

しかし、逆に言えばダマシのブレイクだった場合にはすぐに損切りを行う事ができるため、リスク回避という意味ではとてもお勧めができます。

中・長期的な損切り

そして2つ目のポイントというのは、フラッグ・ペナント・ウェッジが形成された際の、最高値(最安値)の部分に損切りポイントを置くという方法です。

この方法に関しては、これら3パターンの特徴であるトレンドの継続というのを見込んだ上での方法になりますので、それに合わせて損切りの位置も少し高く見積もっているという事です。

中・長期の手法を用いた場合に、エントリーのポイントと損切りのポイントの位置が近すぎでしまうと、少しの戻りでも損切りなってしまう可能性が高くなり、損切り貧乏につながりかねないという点から、前回の高値・安値の部分まで許容範囲を見積もり、取引を行っていくという形です。

逆に考えれば、その損切りポイントがブレイクされた場合には、トレンドが転換する可能性が高いと考える事もできるため、相場の流れに合わせて比較的優位な判断材料としても使うことができるという利点もあります。

しかし、最後にもう一度お伝えしますが、あくまでも3パターンの完成を確認してからのエントリーとなりますので、焦ってエントリーポイントよりも前の段階でエントリーを行わないよう気を付けていただけたらと思います。

最後に、これら取引方法に関しては、私の主観的な考え方でありますので、これをそのまま使うというよりは、自分の手法を作るための役に立てて頂けたらと思います。